分析試験には超純水が必ず必要です

化学系の大学では必ず分析に関する授業と実験があります。授業は古典的な実験手法から最新分析機器による分析手法まで学びます。一方実験では、古典的な分析実験も多いですが、機器を用いた精密分析実験も行われます。多くの精密分析実験では様々な溶媒を使用するが、実験系によっては水を使用する実験も多くあります。水はその純度によって様々なグレードがあります。イオン交換樹脂を通過させたイオン交換水や、蒸留することで得られる蒸留水は比較的簡単に作れますが、その純度は低位です。この低位な水をさらに精製し、電気伝導度などを厳密に管理した水を超純水としています。現代の高精度な分析装置である高性能液体クロマトグラフィーなどの分析では、水に含まれている不純物によりデータの信用性が損なわれるため、必ず高純度に精製した超純水が使用されます。たかが水とはいえ、その純度によって得られる結果の信用度が左右されるため、常に超純水の管理には細心の注意を払う必要があります。

超純水を購入しましょう

超純水とは、通常の純水よりもさらに純度が高い水のことをいいます。有機物や微粒子等が全て除去されているため非常に純度が高い状態となっています。この超純水には様々な用途があります。例えば、細胞の培養、注射剤の材料、実験器具の洗浄、半導体の洗浄、ボイラーの冷却材等です。また、飲料水としても利用することができます。分類上は軟水ですから、軟水が好きな方にとっては非常に高品質の水であるといえます。超純水は通常の純水よりも純度が高いため、これらの用途において、より高い効果が見込めます。実際に、この水のおかげで様々な技術や商品が開発されるようになりました。また、この水は非常に安価ですから気軽に利用することができ、経済的負担も小さいです。興味をお持ちの方は、各メーカーのホームページ等や販売サイトを検索して情報を集めてみると良いです。

超純水についての基礎知識

超純水とは、極めて純度の高い水のことで、主に産業用として使用することを目的としています。日常的に使用される水には、イオンや有機物などのさまざまな不純物が含まれていますが、超純水はそれらの不純物を極限まで除去し、純粋なH2Oにできるだけ近づけた水ということになります。明確な定義や統一的な国際基準は存在しませんが、電気抵抗率の違い(より本来のH2Oに近い抵抗率かどうか)という性質を用いた基準など、各分野ごとの目的に応じた指標が設けられています。用途としては、極めて微細な加工が必要とされる半導体製造の現場などで活用されているケースが見られます。そして蒸発した際に発生する残留物が少ないため、中高圧のボイラーの給水として利用されることもあります。さらに飲料用としては、濃縮還元飲料の割り水として使われることもあります。