超純水は本当に身体に悪いのか

超純水とは、極端に純度が高い水のことを指し、主に産業分野で扱われます。純水の製造方法では取り除くことのできない有機物や微粒子、気体なども特殊な方法で取り除かれているのが主な特徴です。この超純水ですが、私たち人間が飲むと身体に悪いという俗説があります。それは本当なのでしょうか。摂取すると体内のミネラルを奪い、その結果下痢を引き起こすと言われています。しかし、これには全く根拠がありません。あくまで俗説でしかありません。また、普通の飲料水よりも比較的不味いともよく言われます。水の味は主に温度に影響されるため、クリーンルームの室温に合わせて供給されるユースポイントのものは『不味い』とする感想が多いといいますが、10°から15°に冷やして比較すると別の結果になるのが見られます。人の身体に良くないとされている超純水ですが、こうしてみると身体に悪いとする根拠がないわけなので、安心してください。

超純水とはどういう水

超純水(ちょうじゅんすい、Ultrapurewater)とは主に産業分野で用いられる水のことで、極度に純度の高い水のことをいいます。飲用の水の商品名ではありません。製造方法においては有機物や微粒子、気体など通常では取り除けないものも、細かな工程を用いて取り除かれているのが主な特徴です。そのため水質としては、極度に高いレベルの水であることを意味します。しかしながら、超純水の定義や国家・国際規格などの明確で統一的な基準はなく、使用目的に基づいた需要者の要求水準を達成することのみ必要となります。ですから、同じ『超純水』といってもその純度は色々とあることになります。主な用途としては、電子工業、貫流ボイラの復水処理、原子力発電、合成繊維工業、有機無機薬品工業、製薬工業、写真工業などに用いられています。

超純水は純度の高い水のことです。

超純水とは、医薬品の製造などに使われている純度100パーセントの水のことで、金属イオンや微生物などが一切含まれていません。私達が普段飲んでいる水には、ミネラル成分や不純物などが含まれています。普段飲む水には、ミネラル成分などが含まれていないとおいしく感じることはありません。超純水は飲み水としては、適しておらず、飲んでもおいしく感じないですし、歯のカルシウムを溶かしてしまう性質を持っています。コップ一杯程度であれば、健康面では問題がありませんが、長期間飲用をすると、健康を害する可能性があります。医薬品の製造などに主に使用されており、純度が非常に高いのが特徴になっています。超純水は飲み水としては、適していないため、飲用としては販売されていません。お風呂に入れると風呂釜に悪影響を与えてしまう場合があります。