超純水の使い方について

超純水とは、超LSIなど半導体製造工程でシリコンウェハの洗浄や、医薬品の製造などに用いられ、金属イオンや微生物などの不純物を含まない、純度100%の理論的な水に限りなく近い高純度の純水です。水はキレイなイメージがありますが、人口が密集して工業が発展してきた現在では、水の汚染が広がっています。川を流れている水は浄水場で処理をされて、一般家庭や工場などに送られますが、水道水には色々なものが溶け込んでいるため、科学的には純水ではありません。純水の重要な性質の一つは、物質を溶解する力が大きいことです。純水製造装置の接液部の多くに不純物の溶出が少ないプラスチック素材が使われているのもそのためです。一般の水道水の配管に用いられている鉄管や鉛管は使用できません。純水はミネラル成分が何も入っていないので、おいしく感じられません。

知らなかった超純水のこと

超純水とは、主に産業分野で用いられる用語で、極端に純度の高い水のことをいいます。一般的な水道水の中には不純物として塩類や残留塩素などが含まれており、この不純物が除去された純水よりも、さらに純度が高いということになります。ただし、純水と超純水の区分は、明確な定義や規格などの統一基準が定められていないのが現状です。水質のグレードを示す指標としては、電気抵抗率や電気伝導率、水中の有機物や微粒子数、生菌数などが利用されています。主な用途は、超LSIなどの半導体製造工程で基盤の洗浄などに用いられるほか、医療分野でも重要な役割を果たしています。特に、半導体の洗浄については、わずかな不純物が残っているだけでも、回路パターンや組成を乱すなど大きな影響を及ぼします。機器の精密な分析や製品の品質向上のために、より純度の高い超純水の製造が求められており、様々な研究開発が続けられています。

超純水とは、飲み水ではありません。

水は動物や植物にとりましては、絶対に必要な、欠かすことができないものだと考えます。勿論私たち人類にとりましても、生きていく上で、とても重要な物質です。水にも種類があり、飲料水と言われるのは、ミネラルだったり、カルシウムだったり、栄養素も含まれている水だと考えます。因みに超純水という水もあるようですが、こちらに関しましては、多少飲んでも問題は無いようですが、飲み過ぎると、体には良くないという水になっているようです。主に、工業用などに用いる水のようです。精密機器など繊細な機械などに用いる物は、少しの異物でも混じった物質になりますと、トラブルの原因を引き起こすことになりかねないようです。その為、超の付くほど純粋な水を使用するようです。例えば、半導体であったり、液晶面などにも使用されているようです。

洪水発生時には海外へ純粋供給の実績があります。 メンテナンスからソリューションまでお客様のニーズに合わせたサービスを提供いたします。2016年3月31日まで、対象の超純水装置の更新の方には最大50パーセントの割引がございます。ラボ用から大流量を必要とする工場まで様々な規模に対応できる技術と製品を用意しています。 超純水を供給します!オルガノ株式会社